結(ゆい) とは

 結(ゆい)とは、結ぶということ。また、結とは、相互扶助の精神を意味する言葉でもあり、労働力を出し合って行う田植え、稲刈りなどの生活の営みを維持していくための共同作業を指す、人々による共同体が形成される過程で生まれた、とても歴史のある言葉です。 

三重大学産学官民連携マガジン「結 Yui」 

 本誌は、地域圏大学である三重大学と地域社会との産学官民連携の取り組みのなかから、地域の良さを見つめ直し、三重地域が長い歴史のなかで培ってきた潜在力を掘り起こして、未来につなげていこうとする雑誌です。 人との結、産業との結、地域との結、そして、読者との結、さまざまな結びのかたちを紹介し、自治体、企業とも連動しながら、三重県に関係する人々のための「コミュニティー」づくりを目指していきます。
                        三重大学産学官民連携マガジン「結」は、こちらから読めます

「結 プラス」 とは

  「結」がウェブ版になって進化しました。マガジンでは紹介しきれない現在進行形の取り組みなども、リアルタイムにお届けします。

記事一覧(pdf)

 すべての記事をまとめて読んだり・印刷するには まとめて読む 
新着記事
食を学ぼう、夏色キッチン
三重大学附属病院栄養指導管理室の岩田加壽子管理栄養士が、JA職員を対象とした野外調理実習と講演を行いました。鈴鹿青少年センター内のキャンプ場施設。セミの声が響き渡る屋外の炊事場で、24人の参加者がアルミ缶を使ったご飯作りを開始しました。上面を切り取った缶に…続きを読む(pdf)

アクセスカウンター人が訪問されました
 三重大学社会連携研究センター 〒514-8507 三重県津市栗真町屋町1577   TEL: 059-231-9763 FAX: 059-231-9743