三重大学研究支援情報

三重大学研究支援情報

受託研究

制度の概要

この制度は、産業界等外部から委託を受けて大学の研究者が実施する研究で、これに要する経費を委託者が負担するものです。

受託研究開始までの事務手続きの流れ

共同開発開始までの事務手続きの流れ-画像

経費

委託に直接必要な経費(直接経費)の他に、大学における技術料、機器損料等の間接経費(直接経費の30%相当額)が必要となります。

研究期間

委託者との合意による任意の期間とし、翌年度以降にわたる複数年契約も可能です。なお、研究期間は概ね5年を上限としますが、それ以上にわたる契約も可能ですが、事務担当とご相談下さい。
また、経費についてもある程度の分割納付契約が可能です。

手続き・仕組み

  1. (1)受託研究申込書を社会連携チームに提出していただきます。
  2. (2)本学委員会の審議を経た上で受入決定を通知いたします。
  3. (3)双方の合意の上で、契約を締結いたします。
  4. (4)研究経費(直接経費、間接経費)を本学に入金していただくための振込用紙(請求書)を送付します。
  5. (5)上記(4)の所定経費を振り込んでいただきます。なお、振込手数料がかかりますので、金融機関にご確認下さい。
  6. (6)研究経費は本学の会計機関の下で経理いたします。
  7. (7)上記(4)の経費入金確認後、受託研究を開始いたします。
  8. (8)受託研究完了後、研究成果を報告いたします。
  9. (9)参考:本学委員会(外部資金等委員会)
    毎月2回(第2・4金曜日)の審査を行っております。
    注)当該審査日の7日前までの申込み分について一括審査をしております。
  10. (10)上記につきまして、ご質問等がございましたら、下記問い合わせ先までご連絡お願いいたします。

特許の扱い

基本的に国立大学法人三重大学に帰属しますが、委託者の申し出により本学の知的財産権の一部を委託者に譲与することができます。また、委託者又は委託者の指定する者に限り、特許出願の時から優先的に実施することもできます。

申込書様式等

本学に受託研究を申し込まれる方は、下記の書類を社会連携チームにご提出ください。
受託研究申込書
  • このファイルには、確認書(受託研究における営業秘密等管理)が含まれていますので、併せてご提出ください。 研究実施期間中に回答内容に変更があった場合は、その都度確認書のみをご提出ください。
  • 記入例・FAQ
下記は、受託研究契約を締結するにあたっての、本学の契約書案です。
受託研究契約書案

研究代表者提出書類

三重大学側の研究代表者は、受託研究申込時に合わせて下記の書類を社会連携チームに提出してください。
産学官連携リスクマネジメントに係る回答書
  • 研究実施期間中に回答内容に変更があった場合も、その都度提出してください。
  • 記入例
  • (参考)利益相反
誓約書
  • 本学学生等が研究協力者として受託研究に参加する場合は、当該研究協力者全員に記入させた上で、正本は研究代表者が保管し、写しを提出してください。 研究実施期間中に研究協力者が増えた場合も、その都度追加で提出してください。
  • 共同研究等の実施に係る誓約書の提出等について(お願い)
研究代表者提出書類は産学官連携リスクマネジメント室Webサイトからもダウンロードできます。
問い合わせ先

〒514-8507 三重県津市栗真町屋町1577
国立大学法人 三重大学 学術情報部社会連携チーム
(地域イノベーション研究開発拠点 B棟1階<キャンパス マップP-1>)
TEL 059-231-5549(内線6945) FAX 059-231-9047(内線9047)
メール ken-sikin@ab.mie-u.ac.jp