三重大学研究支援情報

三重大学研究支援情報

三重大研究支援情報 トップ

  • 全学共有スペース制度

全学共有スペース制度

国立大学法人は、時代を担う人材の育成、独創的・先端的学術研究の推進など、社会の要請・期待を受け、さまざまな活動が行われております。三重大学では、中期目標・中期計画において、研究の重点目標として「特定領域における国内トップレベル、世界トップレベルの研究推進」、「学部・学科を超えた学際的研究及び国内外の大学との共同研究の推進」、「産学官連携による共同研究の拡大」を掲げています。
これら活動の重要な基盤の一つとして拠点である施設があげられます。目標を達成するためには、研究活動の基盤であるスペースの確保が重要となります。
現在、特に「競争的資金を導入して行う研究スペース」、「戦略的研究等に利用するスペース」等が不足しています。

そこで本学では、先端的・独創的なプロジェクト研究に対応する流動的な利用が可能なレンタルラボのスペ-スや学部・大学院等が組織の枠を超えて教育研究等を実施するためのスペースを設けるため、「三重大学における施設の有効活用に関する規程」及び「三重大学全学共用スペース使用内規」を定め、全学共用スペ-スを利用できる制度を設けています。