Home » プロジェクト一覧 » オミックス医学スクリーニングシステム

ミックス医学スクリーニングシステム

リンク集

ポストゲノムシークエンス時代のオミックス医学研究における中心的課題は、ヒト疾患病態機構や医薬品治療機構においてどの遺伝子が重要な役割を果たしているかをゲノムワイドに探索し、解明することである。そこで、脊椎動物であり多数の臓器別疾患モデル創成が可能で、ヒトとのゲノム相同性が約80%のゼブラフィッシュを活用することにより、マルチウエルプレートでのハイコンテントアッセイをin vivoで実現できる独自のハイコンテントin vivo スクリーニングシステムを、世界で初めて構築する。この研究はすでに独自の多彩なヒト疾患モデル、オリジナルのin vivo イメージングプローブ、ゼブラフィッシュ用イメージングプログラム等の要素技術を開発しており、ヒト生活習慣病の多数の病態候補遺伝子やあらゆる大規模化合物ライブラリーに対してin vivoハイスループットスクリーニングの革命的パラダイムを実現し、現在まで見落として来た新しい病態遺伝子やシーズ化合物を発見するシステムとなる。このオミックス医学スクリーニングシステムは、創薬スクリーニングにおいて最大のボトルネックになっているin vivoスクリーニングのスループットを革命的に向上するだけではなく、ハイコンテントなフェノタイプアッセイと精密なオミックス解析を実現する。このシステム研究は、あらゆる大規模な生理活性食成分やケミカルライブラリーに対してin vivo の薬効だけではなく安全性のハイスループットスクリーニングをも実現する。

過去の記事

最新の記事