ホーム > 産学官連携リスクマネジメント室概要

 産学官連携リスクマネジメント室は、研究や産学官連携の推進に伴って発生するリスクのマネジメントを目的として、地域イノベーション推進機構設立時(2016年11月1日)に同機構内に設置されました。 研究を担当する副学長を室長、知的財産統括室長を副室長とし、産学官連携における秘密情報管理、安全保障輸出管理、ABS対応(海外遺伝資源)、利益相反マネジメントを一元的にマネジメントしています。

産学官連携リスクマネジメント体制図

スタッフ

室長・教授橋本 篤副学長(研究担当)・地域イノベーション推進機構副機構長・工学博士
副室長・教授北川 敏一学長補佐(研究担当)・知的財産統括室長・工学博士
准教授狩野 幹人知的財産統括室副室長・博士(学術)
研究員三橋 一郎博士(工学)
学術情報部長山下 郁夫

沿革

2015.9.15文部科学省の産学官連携リスクマネジメントモデル事業(技術流出防止マネジメント)に採択
2015.12.10社会連携研究センター内にバーチャルな部署として発足
2016.11.1地域イノベーション推進機構の設立に伴い、専門部署として設置
2017.3.30文部科学省の産学官連携リスクマネジメントモデル事業(産学官連携リスクマネジメントネットワーク構築)に採択